赤井嶽の植物

日本各地の山野、湿原に生える多年草。わずかだが赤井嶽にも数カ所自生する。

花菖蒲の原種で、6月下旬から7月初旬にかけて、梅雨空にけむる山野にひっそりと咲く。

改良種のような華やかさはないが、赤みの帯びた古代ムラサキがそこはかと清楚で美しい。

アヤメやカキツバタは葉の中央の脈がそれほど目立たないが、ノハナショウブは中央の脈がひときわ太く、手でさわるとその違いがよく分かる。

花は外側の三枚の花弁(外花被片)が垂れ下がり、茎部に黄色の筋があるのが特徴。

最近野草ブームで、全国的に激減している。

ノハナショウブは野にあってこそ映える花、大事にしたい植物の一つである。

ノハナショウブ(アヤメ科)