節 分


 「節分」とは、読んで字のごとく、季かれ目をあらわす言葉で、年に4回、立春、立夏、立秋、立冬の(前日の)ことをいいます。
 現在、日本では特に、立春の前日(通常は2月3日)のことを節分といい、この日には、一般に「豆まき」と呼ばれる、鬼を追い払うために豆をまく、厄除招福の行事が行なわれます。

 「豆まき」の行事は、宮中で大晦日に行なわれていた「追儺式(ついなしき)」という、災いを鬼にたとえ、悪鬼を追い払い、疫病を取り除く中国伝来の儀式に起源を発するといわれています。
 また、豆に災いをこめ、街角に捨てるという風習に起源があるという説もあります。「豆」は「魔滅」のことともいわれています。
 いずれにせよこれらの風習が合わさり、立春を新しい年(季節、春)の始まりであると考え、その前日に一年の災い、厄を取り除き、新しい年の幸福を招く、「鬼は外、福は内」と声を上げながら豆をまく「豆まき式」になったと思われます。

 豆まきは本来自宅で行なわれるもので、家中の窓を開け放ち「鬼は外、福は内」と豆をまきながら、一家の一年の幸福を願います。地方によっては、「鬼は外」だけを連呼する場合や「鬼は内、福は内」という場合、「福は内」のみをいう場合があります。また、まかれた豆を年の数だけ食べると一年間健康に暮らせるといわれる伝承もあります。

 真言宗の寺院では、この時にあわせ、厄除追儺の護摩をたくところや、「星供」という除災招福のために、各人の生年月日にあわせた当たり星を供養する行事が行なわれます。


 「星供」とは、「星まつり」ともいわれ、人それぞれの生年による本命星、生月による本命宮、生日による本命宿、本命曜を定め、それとその人の一生の運命を支配するとされる九曜を配した、当年属星をあわせ供養する、厄除開運の行事。インド起源。