真言密教においては、自分の生まれ年により本命星(ほんみょうじょう)・元辰星(がんじんじょう)という北斗七星より導かれる星と、一年一年違う星が我々に影響を及ぼすとされる九曜より導かれる當年星(とうねんじょう)という三つの星があります。各自がそれぞれの星に祈願することにより魔を払い福を呼び込むのです。
その他、生年月日より本命宿という二十八宿から一宿を導き出し、修行を行う日、日の吉凶、他人との相性、性格、運勢等を見る密教占星術(宿曜占術)が、宗祖弘法大師より日本にもたらされ、真言密教に受け継がれています。
ここでは、皆様に當年星を知っていただきたいと思います。

當年星とは、その年自分が属する星によって決まります。私たちはこの世に誕生してより、一年一年違う星の影響を受けるのです。その星の種類は九種類有り、天にそびえる日と月、水星・金星・火星・木星・土星の五惑星(七曜)に計都星・羅喉星(計都星は彗星・羅喉星は日食、月食を起こす魔物という説と計都は彗星の尾の部分・羅喉は彗星の頭の部分という説がある。)を合わせた九つの星(九曜・九執)から影響を受けるのです。

先ず、上記の年齢表から今年の自分の年齢を探し出して下さい。今年自分の當年星が何星であるか知っていただきたいと存じます。星により吉星と凶星がありますが、凶星に当たっていたとしても、身を慎み善根を積むことにより凶が吉に転じることとなりますし、たとえ吉星だからと言っても、無茶苦茶な行動をされれば、凶となってしまいますので、日々、自分の當年星のご真言をお唱えいただき、幸運を得るよう心がけて下さい。また、凶星に当たる年は、星供・節分会等の年始めに御祈願されることをおすすめします。