真言密教においては、自分の生まれ年により本命星・元辰星という北斗七星より導かれる星と、一年一年違う星が我々に影響を及ぼすとされる九曜より導かれる當年星という三つの星があります。各自がそれぞれの星に祈願することにより魔を払い福を呼び込むとされています。その他、生年月日より本命宿という二十八 宿から一宿を導き出し、修行を行う日、日の吉凶、他人との相性、性格、運勢等を見る密教占星術(宿曜占術)が、宗祖弘法大師により日本にもたらされ、真言密教に受け継がれているのです。ここでは、皆様にご自分の本命曜を知っていただきたいと思います。

本命曜とは、現在私たちが使っている月曜・火曜等の曜日のことです。この曜日を日本に始めて伝えたのは、弘法大師空海です。上記の密教占星術のもととなる経典は、「宿曜経」正式には「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経」という長い名前の経典で、その中に曜日についても説かれており、弘法大師空海が唐より持ち帰り日本で始めて曜日を使われたのです。そのタイトルが示すとおり、文殊菩薩と諸々の仙人が、日時や曜日の吉凶、善悪等を説かれた内容となっております。宿曜経の宿とは二十八宿(現在市販されている暦には二十八宿と二十七宿の二系統あり。占術として使う場合は、牛宿を除く二十七宿を用いる)というもので、月が二十七日で天空を一巡するという考えから、月の軌道を二十七等分し、そのひとつひとつに月が宿る星があると考え、それを「宿」と名付けたものです。すなわち一日に一宿づつ配されるもので、自分の誕生日(旧暦)の日に配されている宿が、その人の「命宿」となり、その命宿によって、性格、運勢はじめ、相性、日々の吉凶等を見ることが出来ます。

次に宿曜経の曜とは、七曜星のことで、各曜日ごとの行って良いこと、悪いこと等の吉凶。生まれた曜日による性格運勢。五月五日(旧暦)の曜日が何曜日かによってその年に起こる社会現象という三点が説かれています。ですから、ご自分の誕生日の曜日が「本命曜」となります。この本命曜と本命宿との関係により、私たち生涯の吉凶判断が説かれているのが、「宿曜経」なのです。

上記よりご自分の誕生日の曜日、何か行動するときの曜日等を選んでいただき、ご参考にしていただければ幸いです。