七福神詣
七福神詣







七福神
七福神とは,幸福をもたらしてくれる七体の神のことで,一般的には

のことをいいます。(地域や文献によって順番が違うこともあります。また時代によってはメンバーが違います。)

 平安時代から,個々の神に対する信仰はあったのですが,七神としてまとめられたのは室町時代のことだとされています(現在のメンバーになったのは江戸中期です)。禅画の題材として流行していた「竹林の七賢人」や『仁王般若経(にんのうはんにゃきょう)』巻下(受持品)の「七難即滅,七福即生」,あるいは聖数とされていた「」にちなんで「七福」にまとめられたといわれています。

 七福神といえば,宝船が有名です。正月二日の夜,枕の下に宝船(宝舟)の絵を入れて眠ると「おめでたい夢」が見られるとされています。「一富士,二鷹,三茄子」 。お宝や幸せをゴッソリ積んで,海の彼方から七福神がやってきてくれるわけです。

 七福神詣(七福神参り)が盛んに行なわれるようになったのは江戸時代の中頃で,正月の元旦から七日にかけて,それぞれの神が祀られているお寺や神社を,今年一年の幸福を祈って巡拝します。

 東京の代表的な七福神は,向島七福神東海七福神などです。
 七福神詣初詣もかねていますので,お正月には,のんびりと近くの寺社にお参りに行くのもいいものです。

 




<<<